メンズ脱毛はなぜ人気が出たのか、知っているか?

ここ数年で、メンズ脱毛人口が爆発的に増えています。それに合わせるように、メンズ向けの脱毛サロン、脱毛クリニックも多くなってきました。脱毛はもともと女性がするものという先入観は、過去の話。メンズたちの意識変化は急激です。

ところで、なぜこれほどまでにメンズ脱毛が人気となっているのでしょう?大きな理由は3つあります。
1つ目が、「オシャレの一環」。トータルコーディネートの観点から、脱毛をせざるを得ないと考えるメンズが多くなってきたためです。
2つ目が、「清潔感」。毛深い男性よりは、脱毛してスッキリした男性のほうが清潔感はあります。そして、清潔感ある男性のほうが女性からはモテるという現実があるからです。
3つ目が、「時間に余裕が持てる」ということ。男性は毎朝ヒゲ剃りをしなければなりません。朝の忙しい時間にヒゲ剃りをしなくて済むのなら、時間に余裕が持てるからです。

以下では、もう少し具体的にメンズ脱毛が人気の理由を見てみましょう。
また、芸能人や有名人のメンズ脱毛の現状や、外国でのメンズ脱毛事情についても詳しく見てみます。

メンズ脱毛はファッションの一部?

イメージ画像

メンズ脱毛がこれほどまでに人気になってきた一つの理由に、メンズ脱毛が、まるで洋服やアクセサリーのように、ファッションの一部に昇格しつつある、ということがあります。
具体的には、「トータルコーディネートの中での体毛」、「デザイン性を求めたヒゲ」という2つにおいて、今やメンズ脱毛がファッションの一部に化しつつあります。

◆トータルコーディネートの中での体毛

どんなにオシャレな服装をしても、パンツから覗くスネ毛がボーボー、シャツから覗く胸毛がボーボー、ヒゲがないのに青ヒゲびっしりでは、せっかくのオシャレを邪魔してしまいます。
オシャレを十分に満喫するためには、トータルコーディネートの観点から、体毛が少ないほうが良いと言えます。

クロップドパンツやハーフパンツは、露出する足との組み合わせによってオシャレ感を出すものです。大事な足にスネ毛がボーボーでは、オシャレになりません。
オシャレにならない以上は、夏でもハーフパンツを避けて普通のズボンを履くしかないでしょう。もちろん、真夏のロングパンツでもオシャレはできますが、少なくともハーフパンツとの組み合わせでもオシャレを楽しむことはできません。オシャレの幅が狭くなるということです。

また、オシャレと関係はないかも知れませんが、プールや海、温泉などでは肌を露呈することになします。毛深いことをコンプレックスに、みんなで楽しくプールや海へ行くことを躊躇している人もいるのではないでしょうか。

◆デザイン性を求めたヒゲ

ごく近年までは、ヒゲを生やしている男性はあまり見られませんでした。理由は「偉そう」だからです。
もともと日本では、貴族など一部の身分の人たちを除いて、ヒゲを生やす習慣はありませんでした。明治時代に元勲らが威厳を出すためにヒゲを生やし始めたため、以来、ヒゲは「偉い人」が生やすものという印象が定着しました。

今や、ヒゲは特に若い人たちの間では、オシャレの一環となりつつあります。ヒゲが解禁されている会社も、だいぶ増えてきました。一昔前とは、ヒゲを取り巻く環境がまったく違います。
そうなってくると、他の人よりもヒゲをオシャレにデザインしたい、と考える人が出ても不思議ではありません。このニーズに応える形で、脱毛サロンや脱毛クリニックでデザイン脱毛ができるようになったのです。

若者に人気のオシャレヒゲのデザインとは?

メンズ脱毛で「清潔感」が得られる

イメージ画像

毛深い人が不潔というわけではありませんが、少なくとも、体毛の濃い人よりは薄い人のほうが「清潔感」はあります。そして、多くの女性は男性に清潔感を求めています。簡単に言えば、清潔感のある男性は、女性にモテるのです。

これは、女性に対する次のようなアンケート結果からも分かります。

・女性が嫌いな男性のタイプ…1位「不潔な男」

ここで勘違いしないようにしたいのは、清潔と清潔感とは違うこと。この違いを明確に理解しておかないと、なかなか女性に振り向いてもらえません。

引用にもある通り、清潔とは「最低限のマナー」です。レジでは割り込みしない、電車は降りる人が先、夜間に大騒ぎしない。清潔もまたこれらと同じようなもので、集団ルールの中で守っていて当然のマナーです。
それに対して清潔感とは、いわば「さわやかな印象」です。清潔感は、なくても人から非難されることはありませんが、あるに越したことはありません。この清潔感ある男性こそ、女性からモテるのです。

さて、この項目の冒頭で、「体毛の濃い人よりは薄い人のほうが清潔感はある」と言いました。ということは、体毛の濃い人よりも薄い人のほうが女性からモテる、ということにもなります。

ヒゲをイメージしてみてください。野生動物のようにホッペまでヒゲが生えた男性に、清潔感はあるでしょうか?首や喉にまで茂み切ったヒゲ男に、清潔感はあるでしょうか?
当の本人はそんな自分に満足かも知れませんが、女性の気持ちになれば、そのような清潔感ない風貌の男性に惹かれる理由はありません。

メンズ脱毛をして清潔感を出せば、今よりもきっと女性たちとの距離が縮まるでしょう。

女性が考えるメンズの清潔感とは?

メンズ脱毛すれば、朝の時間に余裕が持てる

イメージ画像

毎朝のヒゲ剃り、意外にわずらわしいものです。
余分に早く起きれば余裕を持ってヒゲ剃りもできるのですが、実際には、ほとんどの人がギリギリまで寝ています。朝食を抜いても他人にバレることはありませんが、社会人ならばヒゲ剃りを抜くわけにはいきません。
ヒゲが薄めの人ならまだ良いでしょう。ヒゲの濃い人だと、朝のヒゲ剃りにとても時間がかかります。急いでヒゲ剃りをすれば、肌を傷つけてしまうこともあります。ヒゲ剃り前後のケアを怠れば、カミソリ負けをしてしまいます。

簡単そうで、意外に大変なのが男性の朝のヒゲ剃り。そんな朝の煩わしさを解消するのが、メンズのヒゲ脱毛なのです。

こちらの引用のように、ヒゲ脱毛をすることによって手入れが楽になった、という声はたくさん見られます。

また、ヒゲ脱毛のメリットは、朝が楽になるということだけではありません。引用にもある通り、肌をきれいに保てるという点も大きなメリットです。
肌の状態は、見た目年齢を大きく左右します。ヒゲ脱毛をして10歳若く見られるようになった、という人もいるほどです。

ヒゲ脱毛は、美容系では珍しいことなのですが、悪い口コミがほとんど見られません。多くの人たちが、ヒゲ脱毛をやって良かったと思っているようです。

他にも、ヒゲ脱毛をしておけば、突然の外泊に便利です。
一般的な成人男性は、一日ヒゲを剃らずにいると、ヒゲの生え始めの黒い点々が広範囲に現れます。口の周りはもちろんですが、人によってはホッペ、喉、首全体などにゴマのような点々が広がってしまいます。
この、「1日置いたヒゲ」は、不潔感以外の何物でもありません。3日くらい置けばワイルドな無精ヒゲになるかも知れませんが、1日だけの無精ヒゲはただの不潔です。

突然の外泊が決まったときに、宿泊先にカミソリやヒゲ剃りがあれば良いでしょう。でも、ない場合には、どうしようもありません。周りの人たちに不潔感、ひいては不快感を与えてしまうかも知れません。

あらかじめヒゲ脱毛をしておけば、突然の外泊が決まったときでも、まったく焦る必要はありません。
何もヒゲをすべて脱毛しておかなくても良いのです。ヒゲが生えたら不潔感が出そうな部分、たとえばホッペや首などだけでも脱毛しておけば、それだけでも見た目は全然違います。

将来使用するカミソリ代はいくら浮くのか?

日本だからこそ流行する可能性が高い!これからのメンズ脱毛

ネット上では、特定の男性芸能人を指して「メンズ脱毛しているのでは?」と盛り上がっているようです。

◆つい口が滑ってメンズ脱毛がバレてしまった芸能人も

男性芸能人本人が「自分はメンズ脱毛をしている」と公言する例は、あまり多くはありません。
ただ、テレビ番組でつい口が滑ってしまったり、または、ビフォーアフターの画像等が分析されてしまったりなどして、特定の男性芸能人がメンズ脱毛をしていることがバレてしまうケースはあります。

テレビ番組でうっかり脱毛がバレてまった代表的な男性芸能人として、ジャニーズの手越祐也(NEWS)さんが挙げられます。手越さんがメンズ脱毛をしていることは、間違いないようです。

◆そう言えば最近、スネ毛ボーボーのジャニーズを見たことありますか?

アイドルは見た目が命。青ヒゲやスネ毛ボーボーのジャニーズなど見たくありませんね。
でも、いや、ちょっと待ってください。青ヒゲやスネ毛ボーボーのジャニーズなんて、今時、見たことがありますか?
昭和のご時世ならば、ジャニーズでも体毛の濃いタレントが多く見られました。
でも、現在のジャニーズ事務所に体毛ボーボーの若手タレントなど、恐らく一人も見られないのではないでしょうか?

若い男性タレントは、ほぼ全員脱毛している。そんな見方があります。ほぼ全員かどうかは分かりませんが、少なくともジャニーズには当てはまりそうな感じがします。

◆体毛遺伝子は一代、二代では変わらない

おじいさんの体毛が濃い男性芸能人、またお父さんの体毛が濃い男性芸能人は、たくさんいるでしょう。そんな男性芸能人本人の体毛は、いったいどこへ行ってしまったのでしょうか?
一代や二代で体毛の遺伝子が変化するはずはありません。ジャニーズに限らず、かなり多くの男性芸能人は脱毛している、というのが実情ではないでしょうか。

メンズ脱毛している芸能人

確認したわけではありませんが、テレビ番組などのコメントから、以下の男性芸能人・有名人はメンズ脱毛をしていると推定されます。間違っていたらスミマセン・・・

  • ・手越祐也(NEWS)
  • ・名倉潤(ネプチューン)
  • ・児嶋一哉(アンジャッシュ)
  • ・Gackt(歌手)
  • ・ワッキー(ペナルティ)
  • ・柴田英嗣(アンタッチャブル)
  • ・ダルビッシュ研二(ゴールデンボンバー)
  • ・タッキー(タッキー&翼)
  • ・堀江貴文(実業家)・・・芸能人ではありませんが
  • ・はるな愛(タレント)・・・メンズ脱毛?

◆男性芸能人は一般男性のファッションリーダー

日本人は、芸能人をファッションリーダーにする傾向があります。
これは、女性だけではなく、男性でも同じ。ジャニーズをファッションリーダーにする男性もいるでしょう。最近ではオシャレなお笑い芸人もたくさん表に出るようになってきたので、お笑い芸人をファッションリーダーとする男性もいるでしょう。

脱毛や減毛は、ファッションの一部として少しずつ拡大してきた感があります。したがって、もし男性芸能人において脱毛や減毛が一般的であるならば、やがて脱毛・減毛は一般男性が目指すべきファッションとして爆発的に拡大していくかも知れません。

◆年齢やジャンルを問わず男性芸能人の間ではメンズ脱毛が常識?

推測ではありますが、男性芸能人における脱毛は、もはや一般的と言わざると得ない状況でしょう。
ジャニーズの例だけではありません。オシャレな形のヒゲが常に変わらない男性芸能人もいます。足がツルツルの芸能人もたくさんいます。
上で挙げた例で言えば、手越さんならまだ分かりますが、ネプチューンの名倉さんや実業家のホリエモンまでメンズ脱毛しているわけです。失礼ながら、そこまで来るとメンズ脱毛は芸能人・有名人の間では常識になっているのでは、と感じてしまいます。

もちろん芸能界ではなく一般社会にも、足がツルツルの人はいます。でも、間違いなく芸能界ほど多くはありません。この差異は明らかに不自然です。

もし、ファッションリーダーたる男性芸能人たちの多くがメンズ脱毛をしているならば、近い将来、やはり一般男性の間でもメンズ脱毛は普通の行為となるでしょう。そんな日も、もう遠くはないのかも知れません。

国によって脱毛するかどうかの文化に違いがある

イメージ画像

日本ではだいぶメンズ脱毛が市民権を得てきた感がありますが、海外ではどうなのでしょう?国によるメンズ脱毛の文化の違い、意識の違いを探るべく、欧米でのメンズ脱毛事情を調べてみました。
まずは欧米のメンズ脱毛事情をハッキリさせたうえで、日本のメンズ脱毛事情と何が違うのかを比べてみましょう。

◆日本人と欧米人、どちらのほうが体毛が濃いのか?

日本人より欧米人の体毛のほうが濃い、という印象のある人が多いでしょう。この印象は、正しいと言えます。
体毛に関する国別の統計データがあるわけではありませんが、統計を取るまでもなく、印象的に欧米人のほうが日本人よりも明らかに体毛が濃い。これは事実です。

こうした事実を背景にして、欧米でも、もちろんメンズ脱毛は普及しています。体毛が濃いことを嫌だと思う男性がいることは、日本でも欧米でも同じです。
しかし、欧米にもメンズ脱毛があるにはあるものの、その普及率は決して日本ほど高くはありません。
なぜでしょうか?それは、体毛に対する対応の仕方、考え方、感じ方に、日本人と欧米人との間で大きな違いがあるからです。

◆多くの欧米人は体毛を負の財産と考えていない

日本人とは違って、ほとんどの欧米男性は、自分の体毛を負の財産とは考えていません。もともと彼らは体毛の濃い人種のため、むしろ体毛があったほうが自然だからです。

彼ら欧米人の考え方を理解するために、髪の毛の例を考えてみましょう。
髪の毛は、存在していることが普通です。自然です。それをわざわざお金をかけて脱毛しに行く必要があるでしょうか?お坊さんを除いて、そんな人はいるでしょうか?欧米人の体毛に対する考え方、感じ方は、これと同じと考えて良いでしょう。体毛は普通にあるもの。負の財産ではないのです。

欧米男性に体毛があることが普通ならば、欧米女性の目もパートナーの体毛に対して、日本ほどシビアではありません。少なくとも体毛の濃さが理由で女性から遠ざけられることは、まず考えられません。

負の財産どころか、むしろ欧米では毛深いことがプラスの印象として働くことさえあります。
有名なアメリカ人俳優の中には、胸毛やヒゲが濃い人も多く見られます。彼らの体毛を「気持ち悪い」と思うならば、彼らはテレビから、映画から消えていくことでしょう。しかし、消えるどころかまったく人気が衰えない俳優もいるところから見ると、体毛の濃さがマイナス印象に働いていることは考えられず、むしろ男らしさを象徴するプラス印象へと働いている可能性すらあります。

◆欧米人の体毛は目立ちにくい

欧米人が体毛を気にしない理由の一つとして、体毛が目立ちにくいということも挙げられます。
彼らの多くは、髪がブロンドです。髪がブロンドということは、体毛もそれに近い色になります。
体の真ん中付近、つまり陰毛は黒々としているのですが、陰毛から遠くへ行くにつれて、徐々にブロンドへとグラデイトしていきます。そのため、陰毛から遠い頭髪やスネ毛は、色が薄いのです。
日本人でも、濃いスネ毛をごまかすために脱毛ではなく脱色をしている人がいますが、欧米人の場合は、この脱色現象が天然で生じているわけです。

欧米人のスネ毛に太陽の光が当たると、キラキラと反射します。その反射をよく見てみると、欧米人はやっぱり体毛が濃い、ということに気づかされます。体毛が濃くても肌の色に近いから、欧米人の場合は目立たないのです。

◆欧米のメンズ脱毛の大きな理由の一つがタトゥー

そんな欧米男性ですが、一部では積極的にメンズ脱毛をする人も見られます。タトゥーを入れる人たちです。
欧米におけるタトゥー文化は、もはや一部の人たちだけのものではないかも知れません。少なくとも日本人に比べれば、かなり多くの男性たちがタトゥーを入れています。

タトゥーを入れる際には、ムダ毛が邪魔です。邪魔というよりも、ムダ毛があるとタトゥー入れの施術ができません。そのため、施術の前準備として脱毛をします。
しかも、タトゥーの上にまたムダ毛が生えてしまっては、せっかくの絵柄・文字も見えなくなってしまいます。そのため、タトゥーを入れる人は、クリニックや病院で永久脱毛をしています。

欧米では、多くの芸能人・スポーツ選手がタトゥーを入れています。有名人がファッションリーダーになることは、日本でも欧米でも一緒。この流れで、欧米男性の間でも、メンズ脱毛がメジャーと言えばメジャーなのです。

◆欧米人と比べた日本人の体毛に対する意識

前述のとおり、日本人は欧米人に比べて体毛が薄めです。
でも、肌の色は白く、しかも体毛の色は陰毛と同じく黒々しています。そのため、少しの体毛でも、欧米人に比べると目立ってしまう、という違いがあります。
太陽の光が当たって体毛の濃さが分かる欧米人とは違い、日本人の場合は、毛の濃淡、個人差がハッキリと見た目で分かるのです。

体毛の個人差が分かりやすいという意味では、長い歴史の中で、濃いほうが良い、薄いほうが良いといった文化的価値観が、時代に応じて生まれても来るでしょう。
日本は今、男性芸能人の導きもあって、「男性の体毛は薄いほうが良い」という歴史的な立ち位置にいるようです。

◆体毛の濃い日本人男性は、多くの日本人女性から歓迎されない

欧米男性が体毛の濃さをあまり気にしないだけでなく、欧米女性も男性の体毛にはあまり関心を持っていません。体毛の濃い薄いは、恋愛のスタートラインで、あまり重要な要素ではありません。

一方で、日本人女性の場合は違います。
すでに説明したように、日本人女性がもっとも嫌うのは「清潔感のない男性」であり、この清潔感という概念の中に、体毛による見た目の印象も含まれています。

こんなセリフを聞いたことはありませんか?

「私、変わっているから胸毛の濃い男性が好きなの」

男性の体毛に対する女性アンケートの中で、ごく少数ですが、必ず見られる意見です。
このセリフは、裏を返せば次のようにとらえることができます。

「胸毛の濃い男性が好きな女性は、変わっている」

そう。
やっぱり日本では、体毛の濃い男性を好きだという女性は、普通ではないのです。普通の女性は、体毛の薄い男性のほうが好きなのです。

体毛の濃い男性がすべて女性から嫌われるわけではありませんが、少なくとも、体毛が濃いことを理由に女性から好かれるということは、ありえません。

人気のヒゲ脱毛クリニック&サロンの値段をシミュレーション
どこが一番お得??

流行を背景に、今や多くのサロンやクリニックでメンズ脱毛の看板を上げています。
しかし、安易に派手な看板につられるのは良くありません。なぜなら、メンズ脱毛には高い技術が必要だからです。後悔のしない脱毛のためにも、豊富な症例数を持つ信頼あるサロン、クリニックを選びましょう。

次に挙げる5つの脱毛サロン、脱毛クリニックは、多くのメンズたちから評価されている信頼できるところばかり。症例数、技術力、ともに間違いありません。

メンズリゼクリニック

メンズリゼクリニック
オフィシャルサイト口コミまとめ

メンズ脱毛一筋のクリニック。新宿に本院を置き、現在、主要都市を中心に全国展開中です。
症例数は14万件と、メンズ脱毛専門クリニックの中では、国内最多級。医療レーザー脱毛なので、脱毛効果は永久的です。
万が一の肌トラブルへの治療や、硬毛化・増毛化などへの対応はすべて無料。キャンセル料や再診料なども含め、追加料金が一切かかりません。月額制の支払いもできるので、安定収入が見込める人ならばすぐに脱毛をスタートすることができます。

メンズリゼクリニック(旧アールズクリニック)新宿院
所在地:東京都新宿区西新宿7-10-19 西新宿ビル4F
診療時間:10:00~21:00
定休日:不定休
アクセス:新宿駅より徒歩3分

湘南美容外科 メンズ外来

湘南美容外科 メンズ外来
オフィシャルサイト口コミまとめ

女性に人気の美容外科として、全国に多くの院を構える湘南美容外科。テレビCMなどを通じて、その知名度も高くなってきました。
数ある美容メニューの中でも、脱毛は大人気。女性の多い院には通いにくい男性のために、レーザー院というメンズ脱毛専門のクリニックも構えています。
脱毛可能部位は、VIOも含めて全身。ヒゲ脱毛コース、フェイスコース、手足スッキリコース、パーフェクト全身脱毛コースなど、お得なセットメニューが充実。
メンズ脱毛の症例数は累計14万件以上。十分な実績を備えたクリニックです。

◆湘南美容皮膚科新宿レーザー院
所在地:東京都新宿区歌舞伎町2-46-3
診療時間:10:00~19:00
定休日:年中無休
アクセス:新宿駅から徒歩10分

MEN’S TBC

MEN'S TBC
オフィシャルサイト口コミまとめ

メンズ向けのエステサロンを本格展開した先駆的な存在。現在では全国に多くの店舗を展開しており、毎年、新規店舗も続々と出店しています。
MEN’S TBCの脱毛方法は2種類。ニードル脱毛と光脱毛。ニードル脱毛とは、毛を一本一本丁寧に処理する脱毛法で、永久的な脱毛効果が期待できます。光脱毛とは、一般的な脱毛サロンと同じ光脱毛器による脱毛法で、一時的な抑毛・減毛効果が期待できます。
数あるエステサロンの中でも接客が一流と評判です。

MEN’S TBC新宿東口店
所在地:東京都新宿区新宿3-27-4 新宿御幸ビル4F
営業時間:12:00~21:00(土日10:00~20:30、祝日10:00~19:00)
定休日:不定休
アクセス:新宿駅より徒歩5分

メンズ脱毛はなぜ人気が
出たのか、知っているか?

ここ数年で、メンズ脱毛人口が爆発的に増えています。それに合わせるように、メンズ向けの脱毛サロン、脱毛クリニックも多くなってきました。脱毛はもともと女性がするものという先入観は、過去の話。メンズたちの意識変化は急激です。

ところで、なぜこれほどまでにメンズ脱毛が人気となっているのでしょう?大きな理由は3つあります。
1つ目が、「オシャレの一環」。トータルコーディネートの観点から、脱毛をせざるを得ないと考えるメンズが多くなってきたためです。
2つ目が、「清潔感」。毛深い男性よりは、脱毛してスッキリした男性のほうが清潔感はあります。そして、清潔感ある男性のほうが女性からはモテるという現実があるからです。
3つ目が、「時間に余裕が持てる」ということ。男性は毎朝ヒゲ剃りをしなければなりません。朝の忙しい時間にヒゲ剃りをしなくて済むのなら、時間に余裕が持てるからです。

以下では、もう少し具体的にメンズ脱毛が人気の理由を見てみましょう。
また、芸能人や有名人のメンズ脱毛の現状や、外国でのメンズ脱毛事情についても詳しく見てみます。

メンズ脱毛は
ファッションの一部?

イメージ画像 open

メンズ脱毛がこれほどまでに人気になってきた一つの理由に、メンズ脱毛が、まるで洋服やアクセサリーのように、ファッションの一部に昇格しつつある、ということがあります。
具体的には、「トータルコーディネートの中での体毛」、「デザイン性を求めたヒゲ」という2つにおいて、今やメンズ脱毛がファッションの一部に化しつつあります。

◆トータルコーディネートの中での体毛

どんなにオシャレな服装をしても、パンツから覗くスネ毛がボーボー、シャツから覗く胸毛がボーボー、ヒゲがないのに青ヒゲびっしりでは、せっかくのオシャレを邪魔してしまいます。
オシャレを十分に満喫するためには、トータルコーディネートの観点から、体毛が少ないほうが良いと言えます。

クロップドパンツやハーフパンツは、露出する足との組み合わせによってオシャレ感を出すものです。大事な足にスネ毛がボーボーでは、オシャレになりません。
オシャレにならない以上は、夏でもハーフパンツを避けて普通のズボンを履くしかないでしょう。もちろん、真夏のロングパンツでもオシャレはできますが、少なくともハーフパンツとの組み合わせでもオシャレを楽しむことはできません。オシャレの幅が狭くなるということです。

また、オシャレと関係はないかも知れませんが、プールや海、温泉などでは肌を露呈することになします。毛深いことをコンプレックスに、みんなで楽しくプールや海へ行くことを躊躇している人もいるのではないでしょうか。

◆デザイン性を求めたヒゲ

ごく近年までは、ヒゲを生やしている男性はあまり見られませんでした。理由は「偉そう」だからです。
もともと日本では、貴族など一部の身分の人たちを除いて、ヒゲを生やす習慣はありませんでした。明治時代に元勲らが威厳を出すためにヒゲを生やし始めたため、以来、ヒゲは「偉い人」が生やすものという印象が定着しました。

今や、ヒゲは特に若い人たちの間では、オシャレの一環となりつつあります。ヒゲが解禁されている会社も、だいぶ増えてきました。一昔前とは、ヒゲを取り巻く環境がまったく違います。
そうなってくると、他の人よりもヒゲをオシャレにデザインしたい、と考える人が出ても不思議ではありません。このニーズに応える形で、脱毛サロンや脱毛クリニックでデザイン脱毛ができるようになったのです。

若者に人気のオシャレヒゲのデザインとは?

メンズ脱毛で「清潔感」
が得られる

イメージ画像 open

毛深い人が不潔というわけではありませんが、少なくとも、体毛の濃い人よりは薄い人のほうが「清潔感」はあります。そして、多くの女性は男性に清潔感を求めています。簡単に言えば、清潔感のある男性は、女性にモテるのです。

これは、女性に対する次のようなアンケート結果からも分かります。

・女性が嫌いな男性のタイプ…1位「不潔な男」

ここで勘違いしないようにしたいのは、清潔と清潔感とは違うこと。この違いを明確に理解しておかないと、なかなか女性に振り向いてもらえません。

引用にもある通り、清潔とは「最低限のマナー」です。レジでは割り込みしない、電車は降りる人が先、夜間に大騒ぎしない。清潔もまたこれらと同じようなもので、集団ルールの中で守っていて当然のマナーです。
それに対して清潔感とは、いわば「さわやかな印象」です。清潔感は、なくても人から非難されることはありませんが、あるに越したことはありません。この清潔感ある男性こそ、女性からモテるのです。

さて、この項目の冒頭で、「体毛の濃い人よりは薄い人のほうが清潔感はある」と言いました。ということは、体毛の濃い人よりも薄い人のほうが女性からモテる、ということにもなります。

ヒゲをイメージしてみてください。野生動物のようにホッペまでヒゲが生えた男性に、清潔感はあるでしょうか?首や喉にまで茂み切ったヒゲ男に、清潔感はあるでしょうか?
当の本人はそんな自分に満足かも知れませんが、女性の気持ちになれば、そのような清潔感ない風貌の男性に惹かれる理由はありません。

メンズ脱毛をして清潔感を出せば、今よりもきっと女性たちとの距離が縮まるでしょう。

女性が考えるメンズの清潔感とは?

メンズ脱毛すれば、
朝の時間に余裕が持てる

イメージ画像 open

毎朝のヒゲ剃り、意外にわずらわしいものです。
余分に早く起きれば余裕を持ってヒゲ剃りもできるのですが、実際には、ほとんどの人がギリギリまで寝ています。朝食を抜いても他人にバレることはありませんが、社会人ならばヒゲ剃りを抜くわけにはいきません。
ヒゲが薄めの人ならまだ良いでしょう。ヒゲの濃い人だと、朝のヒゲ剃りにとても時間がかかります。急いでヒゲ剃りをすれば、肌を傷つけてしまうこともあります。ヒゲ剃り前後のケアを怠れば、カミソリ負けをしてしまいます。

簡単そうで、意外に大変なのが男性の朝のヒゲ剃り。そんな朝の煩わしさを解消するのが、メンズのヒゲ脱毛なのです。

こちらの引用のように、ヒゲ脱毛をすることによって手入れが楽になった、という声はたくさん見られます。

また、ヒゲ脱毛のメリットは、朝が楽になるということだけではありません。引用にもある通り、肌をきれいに保てるという点も大きなメリットです。
肌の状態は、見た目年齢を大きく左右します。ヒゲ脱毛をして10歳若く見られるようになった、という人もいるほどです。

ヒゲ脱毛は、美容系では珍しいことなのですが、悪い口コミがほとんど見られません。多くの人たちが、ヒゲ脱毛をやって良かったと思っているようです。

他にも、ヒゲ脱毛をしておけば、突然の外泊に便利です。
一般的な成人男性は、一日ヒゲを剃らずにいると、ヒゲの生え始めの黒い点々が広範囲に現れます。口の周りはもちろんですが、人によってはホッペ、喉、首全体などにゴマのような点々が広がってしまいます。
この、「1日置いたヒゲ」は、不潔感以外の何物でもありません。3日くらい置けばワイルドな無精ヒゲになるかも知れませんが、1日だけの無精ヒゲはただの不潔です。

突然の外泊が決まったときに、宿泊先にカミソリやヒゲ剃りがあれば良いでしょう。でも、ない場合には、どうしようもありません。周りの人たちに不潔感、ひいては不快感を与えてしまうかも知れません。

あらかじめヒゲ脱毛をしておけば、突然の外泊が決まったときでも、まったく焦る必要はありません。
何もヒゲをすべて脱毛しておかなくても良いのです。ヒゲが生えたら不潔感が出そうな部分、たとえばホッペや首などだけでも脱毛しておけば、それだけでも見た目は全然違います。

将来使用するカミソリ代はいくら浮くのか?

人気のヒゲ脱毛クリニック
&サロン
の値段を
シミュレーション
どこが一番お得??

メンズリゼクリニック

TOKYO R's Clinic

メンズ脱毛一筋のクリニック。新宿に本院を置き、現在、主要都市を中心に全国展開中です。
症例数は14万件と、メンズ脱毛専門クリニックの中では、国内最多級。医療レーザー脱毛なので、脱毛効果は永久的です。
万が一の肌トラブルへの治療や、硬毛化・増毛化などへの対応はすべて無料。キャンセル料や再診料なども含め、追加料金が一切かかりません。月額制の支払いもできるので、安定収入が見込める人ならばすぐに脱毛をスタートすることができます。

メンズリゼクリニック(アールズクリニック)新宿院
所在地:東京都新宿区西新宿7-10-19 西新宿ビル4F
診療時間:10:00~21:00
定休日:不定休
アクセス:新宿駅より徒歩3分

オフィシャルサイト口コミまとめ

湘南美容外科 メンズ外来

湘南美容外科 メンズ外来

女性に人気の美容外科として、全国に多くの院を構える湘南美容外科。テレビCMなどを通じて、その知名度も高くなってきました。
数ある美容メニューの中でも、脱毛は大人気。女性の多い院には通いにくい男性のために、レーザー院というメンズ脱毛専門のクリニックも構えています。
脱毛可能部位は、VIOも含めて全身。ヒゲ脱毛コース、フェイスコース、手足スッキリコース、パーフェクト全身脱毛コースなど、お得なセットメニューが充実。
メンズ脱毛の症例数は累計14万件以上。十分な実績を備えたクリニックです。

◆湘南美容皮膚科新宿レーザー院
所在地:東京都新宿区歌舞伎町2-46-3
診療時間:10:00~19:00
定休日:年中無休
アクセス:新宿駅から徒歩10分

オフィシャルサイト口コミまとめ

MEN’S TBC

MEN'S TBC

メンズ向けのエステサロンを本格展開した先駆的な存在。現在では全国に多くの店舗を展開しており、毎年、新規店舗も続々と出店しています。
MEN’S TBCの脱毛方法は2種類。ニードル脱毛と光脱毛。ニードル脱毛とは、毛を一本一本丁寧に処理する脱毛法で、永久的な脱毛効果が期待できます。光脱毛とは、一般的な脱毛サロンと同じ光脱毛器による脱毛法で、一時的な抑毛・減毛効果が期待できます。
数あるエステサロンの中でも接客が一流と評判です。

MEN’S TBC新宿東口店
所在地:東京都新宿区新宿3-27-4 新宿御幸ビル4F
営業時間:12:00~21:00(土日10:00~20:30、祝日10:00~19:00)
定休日:不定休
アクセス:新宿駅より徒歩5分

オフィシャルサイト口コミまとめ